久遠の絆-THE ORIGIN-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08.02 (Mon)

『セキレイ~Pure Engagement~』第四羽「最後ノ一羽」

い…、体が(あぶ)られているようだ…。
でも…気持ちいい…。

セキレイ 6 (ヤングガンガンコミックス)セキレイ 6 (ヤングガンガンコミックス)
(2008/03/25)
極楽院 櫻子

商品詳細を見る


続き・・・≫

はじめに(全体の感想)
第四羽は皆人に惹かれていく心を自覚しながらも、
素直になれずに認めようとはしない焔(篝)の葛藤の物語でした。
セキレイの守護者(ガーディアン)として凛々しく振る舞ってきた焔(ほむら)と、
頬をピンクに染めてオチる(羽化)寸前になった篝(かがり)…。
両者の姿には大きなギャップがありましたが、
これもセキレイが持つ「逃れられないさだめ」なのでしょうね。

「セキレイは運命によって選ばれた葦牙(あしかび)に出会うと、
否応なしに体が反応してしまう。」
第壱羽「静ナル予兆」より

第壱羽で美哉が風花に告げた言葉の意味が、
よりわかりやすい形で示されたように思います。
とりあえず、デレる焔(篝)も可愛かったなと…。(←結局そこかw)

あと、忘れちゃいけないのは、アバンで語られたウズメの出奔でしょうね。
月海以外のシングルナンバーは全員気その意味に付いているようですが、
これからどういう風に描かれていくのでしょうか…?



ストーリーの流れ

ウズメ「鶺鴒紋…。これに触れて祝詞(のりと)を唱えたら…。」
・第参羽からのリピート。
 無防備にさらされた風花の鶺鴒紋に魅入られるウズメ。鬼気迫る表情。
・しかし、ただ一人の人(葦牙:千穂)の話が出て、表情から邪気が消える。
 かなしい微笑み…。
ウズメ「いいんだ…。あの娘の笑顔をたくさん見れたから、もういいんだ…。」

OP

・皆人の快気祝い(&風花との新婚パーティーw)の宴会が始まる出雲荘。
(風花ねーさんは暴走気味のサービス露出!リオのカーニバルかっちゅ~のw)
・ウズメを呼びにいった皆人は、出雲荘を出ていこうとする彼女と出遭(あ)う。
皆人「ごちそう残しておきますから、早く帰ってきてくださいね。」
・何も言えないまま出ていくウズメ。その様子が気になる皆人。
・玄関先では美哉が待っていた。
美哉「長いお出かけになりそうですか?ウズメさん。
あなたのお部屋、ずっとそのままにして置きますから…。」

・帰る場所は残しておく…、そんなやさしい言葉に応えることができず、
 つらそうに駆け出すウズメ。…長いお別れ。



・次に篝を呼びにいく皆人。
皆人「あの~、宴会してるんで、よかったら篝さんも…。」
・不機嫌な篝。
篝「どうしてだろう、最近この男をみてると無性にイラつくのは。
いかにも人の良さそうな表情や仕草、言い合う前から負けてる口調、
地べたにつきそうなほど低過ぎる物腰…、見ているだけでムカムカする!」

・料理にほとんど手をつけず退席しようとする篝の体を気遣う皆人に…。
篝「こ、こいつ…、男なんかに体の心配をされる筋合いはない!」
 …と過剰に反応してしまう始末。明らかに意識し過ぎている様子。
篝「考えたくなかった…。ボクの体、まさか…男に反応してる…?」


・篝に嫌われているのではないかと気にする皆人。
・それに対して「嫌い嫌いも好きのうち」と答える結。
 最近、何だか妙に勘の鋭い結ちゃん。
(これが結本来の姿なのか?それとも覚醒した結女の影響なのか…?)

・自らの体の特異性を呪い、御中広人の言葉を思い出す篝。
 腑(はらわた)が煮え繰り返すような嫌な思い出。

篝「どーしてボクだけこんな体にした!?」

御中「ゲームだよ。すべてが滑稽(こっけい)なゲームだ。
その場所が君にとって絶望だというのなら、さぁ、抗(あらが)ってみたまえ!
恥辱の果て、カタルシスの果てに、君は自らの存在を解するのだ!!」




・茜色に染まるきれいな夕焼け空を見て、平和な日常を思う皆人。
・それに対して「嵐の前の静けさ」だという結。(やはり天然ながら鋭い!)
・結との会話の途中、入院騒ぎの影響で、
 夏期講習の申し込みをしていなかったことを思い出す皆人。
・そこへ通りかかる松。松特製実力テストを手渡す。
・外にはお買い物勝負をする月海と風花の姿が…。(結はシード権所持らしいw)




・一人入浴する篝。ここでも思い出すのは古い記憶。

佐橋高美「焔(ほむら)、あんたはおそらくセキレイのプロトタイプだ。
できる限りの調整はしたけど、羽化するまで出力は相当不安定だと思う…。」

浅間建人「雌雄すら不安定だからね。羽化できるとしても、葦牙はかなり限られるよ。
でも万が一、誰かに反応しちゃったら、君の体は葦牙の思うがまま…。」

篝(焔)「浅間建人(たけひと)ぉーーーッ!!
この体の変化が誰かに反応している証だというなら…。
憎しみに粟(あわ)立つ心と諦(あきら)めがせめぎ合って、
ボクはどうしたい…、どうすれば…。」


・御中だけではなく、浅間建人にも何か思うところがある様子…。



・一人悶々としている篝をよそに、脱衣所から聞こえてくるにぎやかな声。
やがて浴室の戸がガラリと開けられ、目の前には裸の結、月海、風花の姿が…!!!

結「あっ、篝さん!入ってたんですか?」
篝「あ"ぁ~~~~~~~~ッ!!!」

・突然の出来事に驚き、ふくらんだ胸を手で押さえて立ち上がる篝。

さて、TV放送版では白い湯気で大事な所が隠されていましたけれど、
Blu-ray&DVD版ではやはり無くなっているのでしょうね。
何だかすごいことになってそうな予感がします…ww
『セキレイ』にお色気はつきものですが、今回ははっきりとしたサービス回でしたね。


CM

篝「うわぁー!君たち、ボクは男だぞ!恥じらいってものは無いのか!?」
月海「汝(なれ)が目をつぶるがよいのじゃ。」
風花「見られて恥ずかしいものなんて、お姉さん持ってないのよ~ん!」
篝「こ、こいつら…。これじゃ出るに出られない…。」


・頬を染め、恥じらう篝。
・体の変化の秘密を悟られたくない篝は、お風呂を出るに出られなくなり、
 そのままずぅ…っと入り続けることに…。



・その頃、松特製実力テストが回収される。
・実はこのテスト、新東帝都大の過去の入試問題に松が手を加え、
 更に難度を上げたものだった。しかし結果は…「全問正解」

松「これでなんで二度も落ちるですか!? 本番に弱いにもほどがあるです!!
いいですか、みなたんには夏期講習も予備校も必要ないです!
その自信の無さがいけないのです!
みなたん、そろそろ自分の可能性を信じてあげるですよ。」


・松の言葉が皆人の心に小さな変化を与えたその時、一通のメールが着信された。
 それは全葦牙に一斉送信されたメールだった…。



From 御中広人
title MBI社長 御中広人である。

このメールを受け取る葦牙諸君に
今日はとっても楽しい情報を
提供しよう。

北エリアに羽化前・・・
最後の一羽のセキレイが
いますよ!
早い者勝ち!?
羽化させられるのは
あなたかも・・・

・最後の一羽。それ即ちセキレイNo.06 焔(ほむら)=篝(かがり)。



松「社長、やっちまったです!
御中はまた帝都中の葦牙を煽(あお)ってますですよ!」


・それはNo.108 草野の時と同じやり口。
 葦牙を煽って波風を立て、ゲームを強制的に動かそうとする傲慢な手口。
・自らの過去を思い、最後の一羽を助けてほしいと泣いて訴える草野。

皆人「くーちゃん、泣かないで。…そうだね、
俺が今できることは、もしかしたら俺にしかできないことなのかもしれない。
その子がもし泣いていて、俺を必要としてくれるなら、俺はその子を助けたいよ。


・「自分の可能性を信じる」…松が投げかけた言葉の波紋が早くも…。



ところで、葦牙全員にメールが送信された時、
悪魔の葦牙とセキレイ(ユカリと椎菜w)はまた葦牙狩りをしていましたね。
何で相手の葦牙がブリーフ姿になっているのか、よくわかりませんでしたが…(笑)。
あれはやっぱりユカリちゃんの趣味(性癖)なんでしょうね。(^^;)

あと、「葦牙がクズ」の瀬尾!
なんちゅーうらやまし…、いや、けしからんことをしてるんだか。(/ω\*)
光の胸(生巨乳)に顔を押しつけてスリスリ…、
瀬尾「ハァ~、やわらけ~なぁ~。」
…って、おいおい。(^^;)




・出雲荘のお風呂。
・風花の初恋談義に夢中になっている結と月海(そしてもちろん風花)。
・その隙を突いて湯船を飛び出す篝。脱出成功。
・何とか着替えて廊下へ出るも、体がいうこときかない様子。
篝「湯あたりした…。くっそー、ただでさえ調子がよくないのに…。」
・そこへたまたま通りかかった皆人。
皆人「ん? 篝さん、どうしたんですか? 篝さん!?」
・フラフラになったまま歩き、皆人の姿を見止めた途端、倒れ込んでしまう篝。
・篝の体を受け止めようとした皆人は篝の胸に手を…。え?もみもみ…、ぷにゅっ!?
篝「熱い…体が炙られているようだ。でも…気持ちいい…。」
・紅潮した顔で、皆人の顔に唇を近付けていく篝…。



同じ頃、風花の初恋の相手に驚く結と月海。
月海「風花!汝(なれ)気は確かか?」
結「結でさえびっくりです!」

・ま、まぁ、確かに相手があの社長(御中広人)ではね…。(^^;)
・そしてその社長はというと、佐橋高美に頭を思いっきりひっぱたかれて…。
高美「(メール送信の件で)何やってるのかぁーー!?」
御中「…帝都は凪(な)いでいる。
プレーヤーにゲームマスターからちょっとしたイベントのプレゼントだ。
ほんの余興だよ。」




・熱にうなされたように倒れ、デレてとろけてキス寸前までいっている篝と皆人。
(皆人の手は篝の胸をずっとつかんだままw)
・ハッと我に返る篝。思わず皆人の顔面にグーパンチ!(皆人あえなくKO。(^^;))

篝「…羽化未遂?
考えたくなかった。考えたくなかったが、ボクは確実にこの男に反応している。
今まで半信半疑だった。ボクの体が葦牙に反応するなんて…。
その上、まさかその葦牙が男だなんて…。
ボクの体の変化、反応がこの男によるものだとしたら、この男が元凶だとしたら…。」


・自分を変化させた皆人を殺せば変化は止まると考えたのか、
 炎を出して皆人を焼き殺そうとする篝。しかし、体が動かない…。
篝「ボクの炎がいうことをきかない…!?」
・どうやらセキレイは自分自身が認めた葦牙を手にかけることができないらしい…。
・突然の事態に驚く皆人。目の前の情景を必死に分析し、たどり着いた答は…、
皆人「火?これって…えっと…いや、ちょっと待て…、この人、セキレイだ…!」
・その時、突如(篝の炎をかき消すために)滝のように流れ落ちる大量の水が…。
月海「なんじゃ、なんじゃ、今の火は!?」
・騒ぎを聞きつけた月海たちが駆けつけてきたのだった。

篝「……ありがとう、月海。おかげで目が覚めた。
佐橋皆人、ボクが殺すべきは君じゃない。

怖かったかい? でも殴ったことは謝らないよ。
男に胸を触られたなんて、君が初めてだからね。」

・そう言ってその場を立ち去る篝。
・最後の一言はあらぬ誤解を与えることを承知で言った、
 ある種の(好きな子に対する)いじわるだったのかも…。
月海「みぃ~な~とぉ~!汝(なれ)そっちの趣味まで~!」
・その言葉に額面通り反応してしまう素直な子が一人だけいました(笑)。

・「御中広人を殺す」その一念で出雲荘を出ていこうとする篝。
美哉「篝さん、御中は易々(やすやす)と殺されてくれる男ではありませんよ。」
篝「わかってる…。でも、もう限界なんだ。ボクの体は確実に葦牙に反応してる。
ボクは行くよ、美哉。御中を殺しに…。」
美哉「焔(ほむら)・・・。」


ED
予告
第五羽「炎ノ鶺鴒」次回も幾久しく。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : セキレイ ~Pure Engagement~ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : セキレイ

22:27  |  セキレイ~Pure Engagement~  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://mikupop.blog20.fc2.com/tb.php/939-7d2c4817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


ウズメは、ハナカゼのセキレイモン触れようとする。しかし、アシカビのことを言われやめる。そして、服を全部あげるよといってでていく。カゼハナさんは、サンバの衣装で登場。ウズ...
2010/11/05(金) 16:31:14 | ぺろぺろキャンディー

▲PageTop

 | HOME | 

クリック募金

STARBUCKS

シンクライアント

アルトネリコ

さくらさくらFESTIVAL!

カレンダー

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

oricon

Yahooニュース!

NGG NEWS

ナタリーニュース

テレビ東京あにてれ

RSS

FC2 Blogranking

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。