久遠の絆-THE ORIGIN-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.07.12 (Mon)

『世紀末オカルト学院』第1話「マヤの予言」

私は父が好きだった。
この世に存在しない、
心の目にしか見えないものを信じさせてくれた父を…。
だが、それこそが父をわせた。


君がいる場所【初回生産限定盤】君がいる場所【初回生産限定盤】
(2010/07/21)
高垣彩陽

商品詳細を見る

続き・・・≫

はじめに

『世紀末オカルト学院』。
アニメノチカラ枠としては、東名阪以外の系列局で初めて放送された作品です。
はじめはもっとホラー色が強い作品になるのかと思っていたのですが、
ドラマ『TRICK』ばりのコミカルテイストが満載で、細かなネタと、
屈折した心理描写が各所に散りばめられた、「ドタバタだけれど芯がある」
ある種のヒューマンドラマに仕上がっていました。
もっとも、まだ始まったばかりで、たくさんの謎が残されているのですが、
そのひとつひとつをどう料理して見せてくれるのか、楽しみな作品です。



第1話「マヤの予言」概要:序

どことも知れぬ夜の森、得体の知れない生物に追いかけられ、逃げる男。
救出を求めて連絡する先には複数の科学者、及び軍人らしき人の影。
何もない空間に出現するゲート。(オーバーテクノロジー)
しかし脱出はならず、男は転送先で死亡が確認された模様。

???「残りのアベミノルは何人だ?」
???「あと一人、No.6だけです!」


OP「フライングヒューマノイド」♪中川翔子

1999年7の月 長野県松代
ノストラダムスの大予言がリアルタイムに陳腐なヨタ話となりつつあった時代。
分厚いルーズソックスが女子高生のマストアイテムだった頃。
一人の女の子が父親の葬儀に出席するために、タクシーを走らせていた。
彼女の名前は神代(くましろ)マヤ(CV日笠陽子)。
キリリと引き締まった眉、毅然とした瞳、への字に結んだ口許とクールな物言い、
黒いロングヘアーとカチューシャが印象的な白いミニのワンピとヒールの女の子。
向かうは皆神山の頂上に高くそびえる私立ヴァルトシュタイン学院。
通称:オカルト学院。
彼女の死んだ父親の名は神代純一郎。オカルト学院の学長だった男…。



・全校生徒が集まる中、オカルト学院では学長の葬儀が行われていた。
・挨拶をする教頭の川島(CV小林ゆう)。
・神代マヤ、遅刻しながらも堂々と到着。
 葬儀には不似合いな服装と高圧的態度、にらみつける視線。
 そして極端な貧乏揺すりなどから、相当にいらついていることが読みとれる。

こずえ「何か凄いですね。お父さんのお葬式に堂々と遅刻!しかも白のワンピース。」
亜美「ん~、でもねぇ、ああ見えて実は学長顔負けの…。」


・生前の学長が吹き込んだメッセージが放送される。
 しかし、精霊を呼び出す呪文のはずが手違いで死霊を呼び出す呪文に(爆)。
・学長の棺から、死霊にとりつかれた学長の遺体が飛び出し、生徒たちを襲い始める。
・こずえ、騒ぎの中で眼鏡を落とし、手探りで捜し始める。

こずえ「メガネ、メガネ…。」
(横山やっさんの伝説的自虐ギャグキター!まさか花澤香菜ちゃんの声で聞けるとはw)

・逃げ遅れたこずえを襲おうとする死霊学長。
・その学長(死んだ父親)に躊躇なく強烈な一撃を食らわせて吐き捨てるマヤ。

マヤ「これがアンタのなれの果てってわけ?」

・マヤ、全校生徒に向けて一喝を入れる。

マヤ「静粛に!みんな目を覚ましなさい!この世に死霊など存在しない!
これは、これは「やらせ」です!!」


・その後、オカルト論に熱が入り、マイクを握った手の小指が立つw
・もう片方の手は固く握りしめられ、身振り手振りが激しくなる。(^^;)
・オカルト論を熱くぶっている途中、死霊の反撃に会い、はっ倒されて顔面を強打。

マヤ「いけない、早くつかまえないと犠牲者が…。」

・「やらせ」発言との整合性を問われて…。

マヤ「知らないの?死霊の餌食になった者もまた死霊になるの!」
こずえ「やらせじゃないんですか?」
亜美「もー、どっちなのよー!?」


・CM
・死霊となった学長は広大な本校舎に逃げ込んだ模様。
・死霊の正体について語るマヤ。

マヤ「ラミーよ。古代エジプトに栄えたとされる幻のラロカ文明。
あの呪文は彼らが恐れた死霊ラミーを蘇らせる呪文。」


・学長を尊敬し、将来は学長のような大人になりたいというこずえに対し…、

マヤ「死霊になりたいの!?…ここが学校?笑わせないで!
いかがわしい"まがい物"のテーマパークじゃない!!」


・亜美、助っ人としてJKとスマイルを連れてくる。
・マヤ、JKの赤い髪と太った体を見て「紅の豚」と命名する。
・その言葉、地獄耳のJKには全部筒抜けだった(笑)。
・本校舎の探索開始。
・亜美の回想。幼かった頃のマヤとの思い出。
 口裂け女やこっくりさんなど、怖い話に夢中だった幼年時代。
・こずえが死霊に襲われて、新たな死霊となって襲いかかってくる。

死霊こずえ「殺してやる!みんな殺してやる~!」

・スマイル、死霊こずえの顔面を容赦なくグーでボコる。←コイツあぶねー!(^^;)
・死霊こずえ、死霊となっても眼鏡を落として「メガネ、メガネ…」する(爆)。
・顔面を殴られた死霊こずえの「顔はやめて」発言に女優魂を感じるww

・瀟洒な一室でマヤと学長が再会する。
 これまでのことはマヤを呼び寄せるための嘘だったと弁明する学長。
 しかし、その指には尖った爪が…。(もちろんマヤも見抜いている。)

マヤ「ねぇパパ、知ってる?
邪悪な霊は人の心を読み、その弱みにつけ込むんだって。
そしてラミーをしとめるには最初にとりついた人間の首を
切断するしかないのよーッ!!」


・マヤの手にした斧が一閃し、一拍置いて学長の首がボトリと床に落ちる。
・駆けつける亜美と(正気に戻って髪の毛が爆発したw)こずえ。
 気がつくと、そこはまるで拷問部屋のような一室。
・返り血を浴びて立ちすくむマヤ。
・幼い頃の回想。そして…、

マヤ「私は…、私は父が好きだった。
この世に存在しない、心の目でしか見えないものを信じさせてくれた父を…。
だが、それこそが父を狂わせた。このオカルト学院が…。」


・何やら陰で蠢(うごめ)く川島教頭一派。
 学長の死にも何か関係しているのかも知れない。
・夕暮れの校舎屋上。マヤの予言。

マヤ「オカルトなど人を滅ぼすだけだ。
いずれこの学校は災いのもとになる。
まやかしの種はばらまかれ、世に厄災をもたらす。
その前にこの学校をつぶす!私はそのために帰ってきた。
オカルトなんか大嫌いだーーー!!!」


・その時、ふいに空から落ちてきた携帯電話。
・突如天空から光のピラー(柱)が現れ、その中から裸の少年が舞い降りる。
・戸惑うマヤ「あわあわあわ…、ひっ。」

・ED『君がいる場所』♪高垣彩陽
・次回予告「文明の到来」♪LOVEマシーン(神代マヤCV日笠陽子)



あとがたり

「オカルトが好きだからこそ、そのオカルトによって生まれる不幸を許せない!」
そんな屈折した心理がエキセントリックな言動として表れるという感じでしょうか。
テンポのよい会話とキレのいいギャグ、
いかにも胡散臭い小林ゆうちゃんの演技(好き♡)、
そして女王様キャラながら心の動揺を的確に表現するマヤ役ひよっちの台詞回し、
新境地を開拓したかに思える花澤香菜ちゃんの小芝居w、
適度にオカルト好きでいながら適度にオカルトを卒業しているような、
いわばもっとも「ふつう」の感性を持つキャラクター黒木亜美。
それぞれの個性が折り重なって、
厚みのあるオカルトコメディーが生まれることを期待しています。

OP曲のこと

しょこたんらしい伸びやかで気持ちのいい歌です。
「フライングヒューマノイド」自体はオカルト用語として存在する言葉ですが、
むしろ別のオカルト用語(?)である「スカイフィッシュ」を思い浮かべました。
連続した時間の流れの中に生まれる「新しい生(せい)」を感じることができます。
この疾走感はやみつきになります!

ED曲のこと

黒木亜美CVでもある高垣彩陽さんのソロデビューシングルです。
静かに朗々と歌いあげるあやひーのボーカルに惚れました。
この声は力になります。心癒されます。
この歌に込めたあやひーの想いがワンフレーズごとに伝わってくるようでした。
もっと長く(フルコーラス)聞いていたい!…本気でそう思いました。



この物語はフィクションです。
死霊、超能力、宇宙人、UMAなどの摩訶不思議は
決して存在しません。
あなたがそれを信じない限りは・・・・・

『世紀末オカルト学院』エンドテロップより

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 世紀末オカルト学院 - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 世紀末オカルト学院 アニメノチカラ

11:19  |  世紀末オカルト学院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://mikupop.blog20.fc2.com/tb.php/881-f0e533e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

クリック募金

STARBUCKS

シンクライアント

アルトネリコ

さくらさくらFESTIVAL!

カレンダー

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

oricon

Yahooニュース!

NGG NEWS

ナタリーニュース

テレビ東京あにてれ

RSS

FC2 Blogranking

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。