久遠の絆-THE ORIGIN-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.07.02 (Fri)

from こもごも日和り。「のぞきみ。」

神田朱未 こもごも日和り。
~神田さん家で起こる、小さいできごと。~ -アニメイトTVブログ-
のぞきみ。より

続き・・・≫

私、ずっと自分の事を「甘え下手」だなぁって思ってました。
そして、甘え上手になりたいと思ってました。
でもね
甘えるのって、けっこう覚悟いるよ。
(中略)
大切な人にしか甘えたくない、大切なことでしか甘えたくない。
だから「甘えさせていただいた分、わたし、やっちゃいます!」と、なる。
そんな大変なこと、人生で、そう何度もできない。
(中略)
ここぞという時に、気付かないで甘えている。
そのくらいで、ちょうどいいのだ。
こもごも日和り。「のぞきみ。」より

私も神田さんは「甘え下手」な方だなと思います。
私の場合、きっと本当に甘え上手な方というのは、
「ここぞという時」にはむしろ「甘えない方」なのではないかと考えています。
相手方の心理的(或いは経済的・社会的)負担を考えた場合、
いきなり一世一代の願い事を持ち掛けられたのでは荷が重過ぎます。

想像してみてください。
ふだんサラッとしたお付き合いをしていた方が、急に…

「甘えさせていただいた分、わたし、やっちゃいます!」

的なオーラを全身からみなぎらせて迫ってきたとしたら、
相手は「何事かっ!?」と身構えちゃうでしょ。(^^;)
「私って打算的に思われてるの?」と、逆にシラケてしまうかも知れません。
もしも相手の方が神田さんのことを本当に大切に思ってくれている方だとしたら、
そういう気構えはむしろ不要な気遣いではないかという気がするのです。

日常の何気ない会話の中でみせる「甘え」は、
ある種のコミュニケーションツールであり、
双方にとって有意な「方便」となり得ます。
しかし「ここぞという時」に援助を求める行為は「甘え」ではなく、
「信用」や「誠意」と呼ばれるものから得られる「契約」に外なりません。
おそらく私が言っていることと、
神田さんが書かれている内容に大きな差はないものと思います。
ただ「言葉の定義」が違うだけなのかも知れません。
しかし「言葉の選択」それこそが、
私が神田さんを「甘え下手」だと感じてしまう所以なのです。

なお、ふだんから他人に甘えることを当然と考え、
相手に重い負担を強いるような時でもお構いなしに甘えまくれるような人を、
私は「甘え上手」と呼びたくありません。
そういう人はただの「大馬鹿者」か、
よほどの「嘘つき」、希代の「ペテン師」です。



ー追伸ー
私は神田さんとは違う意味で「甘え下手」な人間です。
困ったことに、私は何事につけても「天の邪鬼(あまのじゃく)」なのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 声優 - ジャンル : アイドル・芸能

タグ : 神田朱未

16:30  |  神田朱未  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://mikupop.blog20.fc2.com/tb.php/852-21077e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

クリック募金

STARBUCKS

シンクライアント

アルトネリコ

さくらさくらFESTIVAL!

カレンダー

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

oricon

Yahooニュース!

NGG NEWS

ナタリーニュース

テレビ東京あにてれ

RSS

FC2 Blogranking

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。