久遠の絆-THE ORIGIN-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.03.16 (Wed)

地震と原発と人間と失敗。

東北地方太平洋沖地震から5日が経過しました。
被害の全容はまだ見えませんが、死者・行方不明者の合計は1万人を越えました。
相次ぐ余震・大地震と原発事故で、事態は深刻化していると言えるでしょう。
また、電力不足(計画停電)による企業の業績悪化が懸念され、株価は大暴落。
何もかもが悪い方向へ、悪い方向へと進んでいるように思えます。
特にここ2~3日における福島第一原発の状況悪化は酷いものですね。

・3月12日:1号機:水素爆発
・3月14日:3号機:水素爆発
・3月14日:2号機:冷却機能を失う(注水ポンプの燃料切れが原因)
・3月15日:2号機:原因不明の爆発
・3月15日:4号機:休止中だったものが原因不明の爆発炎上
・3月16日:3号機:謎の白煙(水蒸気?)

いくら何でも急激に悪化し過ぎじゃないのかと思います。
しかも、もともと安定していたはずの2号機のおかしくなった原因が、
海水を注水していたポンプの燃料切れだったと聞いて唖然…。
もう信じられないような大ちょんぼ・初歩的ミスです。
今回のことでやっぱり人間はミスをする生き物なのだなぁと再認識しました。



人間は時々とんでもない大失敗をやらかします。
今回、燃料切れを見落とした上、長時間放置してしまった職員だって、
おそらく通常の状態ならばそんなミスはしなかったでしょう。
しかし、3号機爆発という緊急事態を受けて、
当時の現場は相当混乱していたことが推測できます。
地震や津波の影響で、ハイテク機器はほとんど使用不能になっており、
作業のかなりの部分を手作業で行っていたのではないでしょうか。
扱っているモノが原子力(核)であることを考えれば、
担当者の肩にかかる責任・負担はあまりにも重大です!
当人にとっても被爆の危険性にさらされながらの作業になります。
そんな極限の緊張状態に長時間立たされていれば、
いつか集中力が途切れて、どこかでミスが出てしまうのも当然と言えるでしょう。
人間ですから…。
そして目の前で起きている異常事態(水位減少/冷却機能停止)の原因がわからずに、
ある種のパニックを起こしていたのではないでしょうか。
ミスをするのが良いとか悪いとかという問題ではなく、
ミスは出るものだという前提で考えるべきなのだと思います。

とにかく、事態は刻一刻と変化し、悪化の一途をたどっています。
失敗をするのも人間なら、失敗から学ぶのも人間です。
この教訓を次に活かせるように、
一連の出来事をしっかりと精査していってもらいたいと思います。

Google Search:福島第一原発

失敗学実践講義 だから失敗は繰り返される失敗学実践講義
だから失敗は繰り返される

(2006/09/29)
畑村 洋太郎

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震 - ジャンル : ニュース

タグ : 東日本大震災 地震 原発 失敗

12:25  |  東日本大震災  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://mikupop.blog20.fc2.com/tb.php/1605-05631d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

クリック募金

STARBUCKS

シンクライアント

アルトネリコ

さくらさくらFESTIVAL!

カレンダー

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

oricon

Yahooニュース!

NGG NEWS

ナタリーニュース

テレビ東京あにてれ

RSS

FC2 Blogranking

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。