久遠の絆-THE ORIGIN-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.03 (Fri)

ドラマ『ふたつのスピカ』第3回「地球は青かった」感想

今回は機械工学科のロボットと宇宙飛行士チームが対戦するお話。
また、人が宇宙に行く意味とは何かが問われた回でした。

憧れの人・桐生から急に冷たくされ、
その原因が獅子号事故に起因するものだと知って悩むアスミ。
アスミを見守るふっちーと同期の仲間たちという構図。

正直言って、今回は作り込みが粗いというか、
展開と結論が強引過ぎて、あまりいい印象を持っていません。
(役者の演技ではなく、脚本の問題として…。)

そもそも、桐生の言う
「ロボットならもしもの事があっても誰も悲しまない」的な発想と、
「あの事故で何人死んだか知ってる?」という言葉は一致しません。
獅子号事故の犠牲者の大半は地上の市民なのですから、
ロボットであろうが、人間であろうが、
ロケットを飛ばすという時点で、危険に変わりはないのです。
それに、宇宙開発の現場において、
どちらか一方しか選べないというわけではありません。

宇宙に「行く意味」についても、桐生の意見、アスミの言い分、
どちらも説得力に欠けていたように思えます。
もっとも、アスミ側の立場に立てば「小さい頃からの夢だから
どうしても行きたいんです!」という感情論で十分なのですが…。

また、対戦シーンの描写についてですが、
仮にも宇宙飛行士コースのトップ3人が、
暗闇に放り出されただけで、あんな取り乱し方はしないでしょう。
行動のひとつひとつが軽率過ぎますし、論理的ではありません。
少なくとも秋や万里香が持つイメージとはかけ離れています。
管制官としてのふっちーが一番優秀に見えましたね。

通信が途絶えた後のアスミの行動と言動についてですが、
「実際に宇宙で通信が途絶えた時は自分で考えなければならない」
たしかにそれはその通りです。
しかし、それは冷静な判断力と緻密な計算ができて、
初めて成り立つ言葉です。
「ロボットが壊れたら桐生さんが悲しむと思った」だとか、
「自分は死にませんし…」などという
根拠のない楽観的な精神論は通用しません。

また、サポートスタッフの存在を無視して、
管制室から管制官が"二人"とも席を外し、
アスミを助けに駆け出すなど論外です。

それに、あの後で桐生とアスミが、
まるで"何事もなかったかのように和解"するのは、
少々強引過ぎるような気がします。

更に突っ込むなら、宇宙学校の教官が、
サーモスキャンの意味くらい知らないわけがないでしょう。

なお、秋がアスミにガガーリンの話をする場面は、
ほのぼのしていて良かったと思います。
「笑顔」になる事で宇宙に一歩近付くなんて、
とても夢があり、きれいなストーリーです。

また、原作ファン的な視点でいうと、、
秋にポンカンジュースという組み合わせにハッと致しました。

もうひとつ、万里香の「友達けなされたら…」のシーンも、
彼女の内なるアツさが感じられて、好感を抱きました。

NHKオンライン
(http://www.nhk.or.jp)
ふたつのスピカ:NHKドラマ8
(http://www.nhk.or.jp/drama8/spica/)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : NHKドラマ8 ふたつのスピカ

21:48  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(6)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://mikupop.blog20.fc2.com/tb.php/137-a3c39f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


あすみたちが、機械工学科の桐生たちが作ったロボットと訓練で対決することになるお話でした。あすみがほのかな憧れを抱いている桐生先輩。その先輩と、あすみは実習で対決することになってしまいました。おまけに、桐生にあすみのお父さんが獅子号の事故を引き起こしたと...
2009/07/03(金) 21:51:29 | 日々の記録
『地球は青かった』内容機械工学科との合同訓練が決まった宇宙飛行士コース。あいては、機械工学科が開発したロボット“ハルク2”!!!佐野教官(田辺誠一)は、ロボットと対戦する生徒を抜き打ちで選抜すると発表するのだった。アスミ(桜庭ななみ)は、憧れていた機械...
2009/07/03(金) 22:14:41 | レベル999のマニアな講義
   第3回「地球は青かった」宇宙飛行士コースと機械工学科との合同訓練が行なわれることになり、アスミは憧れていた桐生に会えるチャンスが増えると喜ぶが、桐生はなぜかアスミに冷淡な態度をとる。宇宙で活動するロボットの開発に取り組んでいる桐生は「人間が宇宙に...
2009/07/03(金) 22:30:46 | 日々“是”精進!
第3回「地球は青かった」
2009/07/03(金) 22:41:32 | Happy☆Lucky
◆向井理さん(のつもり) 向井理さんは、毎週木曜よる8時「NHKドラマ8」枠で放送されている連続ドラマ『ふたつのスピカ』に桐生春樹 役で出演しています。 一昨日は第3回が放送されました。 ●あらすじと感想
2009/07/04(土) 17:41:46 | yanajunのイラスト・まんが道
春樹を見かけて、声をかけに行くアスミ。
2009/07/04(土) 22:33:00 | アニメ日和

▲PageTop

 | HOME | 

クリック募金

STARBUCKS

シンクライアント

アルトネリコ

さくらさくらFESTIVAL!

カレンダー

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

oricon

Yahooニュース!

NGG NEWS

ナタリーニュース

テレビ東京あにてれ

RSS

FC2 Blogranking

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。