久遠の絆-THE ORIGIN-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.08.02 (Sun)

ドラマ『ふたつのスピカ』最終回「さよなら宇宙学校」感想

 目の前にある遠い光に向かって…。

  よぉーし鴨川っ、宇宙まで走って行けっ!

NHKオンライン (http://www.nhk.or.jp/")
ふたつのスピカ:NHKドラマ8 (http://www.nhk.or.jp/drama8/spica/)

瞳の先に(初回生産限定盤)(DVD付)瞳の先に(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/07/08)
ORANGE RANGE

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : ふたつのスピカ 最終回

15:54  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(5)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.24 (Fri)

ドラマ『ふたつのスピカ』第6回「宇宙で弾くピアノ」感想

 NASA留学を目前に突然倒れた秋(シュウ)。
彼の身体は宇宙生活に耐えられないという。
その最も残酷な宣告を告げられぬまま、
いたずらに時は過ぎて行く。
NASA留学の後任に決まったアスミにも、葛藤の日々は続く。
そして、運命の日は唐突にやってきた…。

ふたつのスピカ 14 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 14 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2008/03/22)
柳沼 行

商品詳細を見る

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : ふたつのスピカ

20:26  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.17 (Fri)

ドラマ『ふたつのスピカ』第5回「宇宙へのライバル」感想

 NASA留学の最終選考2名に残ったアスミと秋。
さまざまな葛藤を抱えたまま、
アスミ、府中野、秋、圭、万里香の5人は夏休みを利用し、
アスミとふっちーの故郷であり、
獅子号墜落の現場となった唯ヶ浜にきていた…。

花火空撮クルージング FIREWORKS SKY CRUISING [DVD]花火空撮クルージング FIREWORKS SKY CRUISING [DVD]
(2005/06/03)
BGV

商品詳細を見る

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : ふたつのスピカ

21:24  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(7)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.11 (Sat)

ドラマ『ふたつのスピカ』第4回「宇宙までの距離」感想

 概要
どんなに離れていても、同じ空の下で…。

心を閉ざし、宇宙学校を辞めると言い出す府中野。
アメリカへの留学が決まったという桐生。
アスミの周りから、大切な人たちがどんどん離れていく、
今回はそんなお話の連続でした。
そして…。

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : ふたつのスピカ

16:49  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(5)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.03 (Fri)

ドラマ『ふたつのスピカ』第3回「地球は青かった」感想

今回は機械工学科のロボットと宇宙飛行士チームが対戦するお話。
また、人が宇宙に行く意味とは何かが問われた回でした。

憧れの人・桐生から急に冷たくされ、
その原因が獅子号事故に起因するものだと知って悩むアスミ。
アスミを見守るふっちーと同期の仲間たちという構図。

正直言って、今回は作り込みが粗いというか、
展開と結論が強引過ぎて、あまりいい印象を持っていません。
(役者の演技ではなく、脚本の問題として…。)

そもそも、桐生の言う
「ロボットならもしもの事があっても誰も悲しまない」的な発想と、
「あの事故で何人死んだか知ってる?」という言葉は一致しません。
獅子号事故の犠牲者の大半は地上の市民なのですから、
ロボットであろうが、人間であろうが、
ロケットを飛ばすという時点で、危険に変わりはないのです。
それに、宇宙開発の現場において、
どちらか一方しか選べないというわけではありません。

宇宙に「行く意味」についても、桐生の意見、アスミの言い分、
どちらも説得力に欠けていたように思えます。
もっとも、アスミ側の立場に立てば「小さい頃からの夢だから
どうしても行きたいんです!」という感情論で十分なのですが…。

また、対戦シーンの描写についてですが、
仮にも宇宙飛行士コースのトップ3人が、
暗闇に放り出されただけで、あんな取り乱し方はしないでしょう。
行動のひとつひとつが軽率過ぎますし、論理的ではありません。
少なくとも秋や万里香が持つイメージとはかけ離れています。
管制官としてのふっちーが一番優秀に見えましたね。

通信が途絶えた後のアスミの行動と言動についてですが、
「実際に宇宙で通信が途絶えた時は自分で考えなければならない」
たしかにそれはその通りです。
しかし、それは冷静な判断力と緻密な計算ができて、
初めて成り立つ言葉です。
「ロボットが壊れたら桐生さんが悲しむと思った」だとか、
「自分は死にませんし…」などという
根拠のない楽観的な精神論は通用しません。

また、サポートスタッフの存在を無視して、
管制室から管制官が"二人"とも席を外し、
アスミを助けに駆け出すなど論外です。

それに、あの後で桐生とアスミが、
まるで"何事もなかったかのように和解"するのは、
少々強引過ぎるような気がします。

更に突っ込むなら、宇宙学校の教官が、
サーモスキャンの意味くらい知らないわけがないでしょう。

なお、秋がアスミにガガーリンの話をする場面は、
ほのぼのしていて良かったと思います。
「笑顔」になる事で宇宙に一歩近付くなんて、
とても夢があり、きれいなストーリーです。

また、原作ファン的な視点でいうと、、
秋にポンカンジュースという組み合わせにハッと致しました。

もうひとつ、万里香の「友達けなされたら…」のシーンも、
彼女の内なるアツさが感じられて、好感を抱きました。

NHKオンライン
(http://www.nhk.or.jp)
ふたつのスピカ:NHKドラマ8
(http://www.nhk.or.jp/drama8/spica/)

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : NHKドラマ8 ふたつのスピカ

21:48  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(6)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06.26 (Fri)

ドラマ『ふたつのスピカ』第2回「宇宙飛行士の資格」感想

ドラマ版『ふたつのスピカ』の第2回。
原作に散りばめられた様々な要素を、新しい設定の中、
凝縮して描いていくようですね。

言葉をつぐみ、少しずつ寡黙になっていく大人と、
心をストレートに表し、むき出しの言葉をぶつけ合う若者達。
ふたつの世代の、不器用な人間模様を見る思いがしました。

今回は万里香の台詞が光っていましたね。
宇宙飛行士になる資格について悩むアスミに…、
「世界中に反対されたって行きたいって言えないなら、
今すぐやめなさい。
親なんか関係ない。誰に後ろ指さされたって、
宇宙に行くって言いなさい。だって、自分の夢でしょ。」

また、母親・千里に対して…、
「今日ね、リレーで負けたの。
でもね、負けたけど気付いた事がある。
負けなければ、いつまでも気付けなかった。」

環境の影響を全く受けていない者などいない…。
みんないろんなものを抱えて宇宙を目指しているのです。
うみへび座のアルファルドは、孤独な星ではありませんでした。

アスミが淡い想いを寄せる存在・桐生が獅子号事故の遺族であり、
鴨川家の人間を憎んでいる事実が判明しましたね。
プラネタリウムでの、あのベタベタ(笑)な微笑ましい光景は、
もう二度と見られないのでしょうか。
(がんばれ!ふっちー )

機械vs人間のエピソードが、次週の段階で放送されるなど、
全7回という事もあり、今後の進行が全く読めなくなりました。
それはそれで、また楽しいのですけれども…。

最後に5人が並んで撮ったロケットの写メが、
チームとしての新しい絆を感じさせてくれました。

NHKオンライン
(http://www.nhk.or.jp/)
ふたつのスピカ:NHKドラマ8
(http://www.nhk.or.jp/drama8/spica/)

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : NHKドラマ8 ふたつのスピカ

21:16  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(8)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06.19 (Fri)

ドラマ『ふたつのスピカ』第1回「宇宙に行きたい!」感想

一言で言って、原作の重要な要素を相当そぎ落とした感じ。
決定的なのはライオンさんが出てこないこと。
(マスコットとしては出てきましたが…。)
これにより、鈴成先生とのエピソードや、
幼少時の万里香とのエピソードは割愛される事になります。

また、アスミの母親が獅子号墜落事故で即死したような
描かれ方をされていましたので、こちらも大幅にカットですね。

ですが、原作とドラマは別物ですし、
これはこれでアリだと思います。
むしろ、より現実的な形での青春グラフィティを期待しています。

…それにしても、1話目からきましたねぇ、佐野先生(苦笑)。
これから先、もっともっときますよ。
ただ、彼も獅子号墜落事故の犠牲者の一人なので、
物語の今後を注意深く見守っていてください。

試験の最後、スピカまでの距離を「間違える筈ありません」と
アスミが0350を入力したシーンにはグッときました。

ところで、主演の桜庭ななみちゃんは本当に可愛いですね。
『Newtype』7月号の記事P-139によれば、
鹿児島県出身で、92年10月17日生まれだそうです。
大きな写真も掲載されているので、ぜひご覧ください。

NHKオンライン
(http://www.nhk.or.jp/)
ドラマ8ホームページ
(http://www.nhk.or.jp/drama8/)

ふたつのスピカ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2002/01)
柳沼 行

商品詳細を見る

ふっちーの恋は、ドラマ版でも報われそうにありませんね。
少しは気付いてあげてよ、アスミちゃん

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : NHKドラマ8 ふたつのスピカ 桜庭ななみ サマーウォーズ

17:38  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(4)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06.18 (Thu)

ふたつの『ふたつのスピカ』

今晩20:00からNHK(総合)でスタートする
TVドラマ『ふたつのスピカ』
宇宙飛行士を目指す少年少女たちの物語で、主演は桜庭ななみ
原作は柳沼行の同名漫画(月刊コミックフラッパー連載中)。
2003年にアニメ化され、その世界観と
描かれているキャラクターが大好きになり、ずっと見ていました。
初のドラマ化という事で、期待と不安が半分半分…。
はたして、どんな感じになっていくのでしょうか…
(全7回放送予定)

なお、アニメ版『ふたつのスピカ』は、
BShiでの再放送(6/30スタート)が発表されています。

NHKオンライン
(http://www.nhk.or.jp/)
ドラマ8ホームページ
(http://www.nhk.or.jp/drama8/)

テーマ : ふたつのスピカ - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : ふたつのスピカ 柳沼行 桜庭ななみ NHK8

19:52  |  ドラマ:ふたつのスピカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

クリック募金

STARBUCKS

シンクライアント

アルトネリコ

さくらさくらFESTIVAL!

カレンダー

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

oricon

Yahooニュース!

NGG NEWS

ナタリーニュース

テレビ東京あにてれ

RSS

FC2 Blogranking

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。